読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再生可能エネルギーの現状

 

ご存知の通り原子力発電所川内原発の2基を除いて停まっています。それでも電力不足は起こっていません。

原発の人たちは 

「それみろ。原発が無くても困らないだろう」 

と言っていますが、

各電力会社が老朽化した火力発電所を無理して動かしている結果で、危ない橋を渡っているわけです。その上石油、石炭の輸入量が増えており、貿易赤字の原因になっています。

 

まあ、原発の賛否は置いといて、再生可能エネルギーを拡充させるのが一番の解決策です。それによって電気料金が上がっても仕方がない。それは 「付加金」 として既に私たちは払っています。

 

再生可能エネルギーはどの程度頑張っているか。資源エネルギー庁のサイトを覗いてみました。

(数字は最大出力(kw)で、消費電力(kwh)ではありません。念のため。)

 

全国の発電所の出力を合計すると 2億7400万kw

 原子力発電は2基を除いて止まっています。全部動くと4100万kw

 

それに対して再生可能エネルギー

  太陽光発電   528万kw

  風力発電    270万kw

  バイオマス発電 364万kw

 

昨日のニュースによると関西電力が日本最大のバイオマス発電所の建設計画を発表しました。20万kw。原発が1基100万kwですから、なんとも微妙。

 

再生可能エネルギーはみんな民間事業者が進めています。そのご努力に敬意を表し、そして、もっとがんばれ。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加