読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガンに画期的治療法

 

ガンに画期的治療法が提案されています。

米国立がん研究所の日本人研究員・小林久隆氏が開発しました。

 

近赤外線を利用したものです。

近赤外線とは、可視光線のうち波長が長い赤よりも少し波長が長い光線です。おなじみの遠赤外線より少し可視光線に近い波長のもの。生体にある程度まで入る目に見えない光線と思えばいいものです。

 

がん患者に、ある薬品(IR700というらしい)を注射するとその薬品ががん細胞に結合する。そこへ近赤外線を当てるとがん細胞が1~2分で破壊される、という画期的な治療法。

 

現在試験中で、2~3年後に実用化されるそうです。

 

すごい。頑張ってください。

抗がん剤を作っている製薬会社の妨害が無いことを祈っています。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加