読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バングラデシュのテロ事件で思うこと

 

7月1日、バングラデシュの首都ダッカイスラム過激派とみられる犯人(実行犯7人)による銃撃事件が起きました。

 

日本人7人を含む20人が亡くなりました。

ご冥福を祈ります。

 

犯人は大学に通う裕福な家庭の人たちだったそうです。

 

・・・

 

私の理解では

イスラム過激派の テロ → 自爆 の理由は 

イスラムを異教徒から守る」

「聖戦で死んだ者は天国へ行ける」

 

というのは建前で、本当は生活苦から 

「死んだ方がマシ」 

という考えで自爆するのだと思っていました。

だからテロの抜本的対策は、現地の生活を改善するための国際協力、だと思い込んでいました。

 

しかし、違っていたようです。犯人は恵まれた人達。

どうしたら良いんでしょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加