読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドゥテルテ大統領来日

 

フィリピン・ドゥテルテ大統領が来日しました。

彼は強引な政策(犯罪者は殺してしまえ)によってフィリピンの治安を劇的に改善して、国民からの支持率は圧倒的です。

一方、親日家としても知られています。

 

しかしその言動が注目されています。

 

中国訪問時には

「米国と決別する」

南シナ海問題は棚上げ」

 

フィリピン国内では

中国での発言について 「招いてくれた国に、礼儀として押し付けなかった」

米国決別発言については 

      「(米国による麻薬政策批判に対して)言い返しているだけだ」

      「米国との同盟関係に変化はない」

 

一昨日(10月25日)夕方、羽田空港へ到着しました。

日本での発言 

南シナ海について 

  「仲裁判決の範囲外の立場を取ることは出来ない」

  「法の支配のもと平和的に解決したい。我々は常に日本の側に立つつもりだ」

「米国と外交関係を断ち切るわけではない」

「私が各国へ行っているのは貿易と商業のためだ」

 

彼は意外と常識人かもしれない。

 

 

どうでもいいことですが、ドゥテルテ大統領の 「ドゥ」 をキーボードで打つのに苦労しました。「dwu」なんですね。

 

 

追記

27日朝三笠宮様が亡くなり、天皇陛下との会見は中止になりました。残念。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加