読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

為替について考えた

 

英国のEU離脱で世界中大騒ぎ。

安倍首相の 「リーマンショック前のようだ」 というのが当たっていました。リーマンショックなみの大混乱。為替レートも大混乱です。

 

さて為替レートはどうなったか。6月24日(金)の終値を見てみます。参考までに5月末のレートとの比較も。

 

       昨日   ←  5月末

ポンド  139.9円    160円  13.1%下落

ユーロ  113.6円    124円   8.4%下落

ドル   102.2円    111円   7.1%下落

 

「有事のドル」 という言葉があります。世界が混乱するとドルが強くなる、という法則。ところが今回は強くなったのは円。なぜ?

 

・・・

 

一般的に、その国の通貨はその国の総合的な国力を表します。

「総合的な国力」 には経済はもちろん、政治の安定、軍事力も影響します。

日本は世界からどんな眼で見られているか、垣間見られたように感じます。

  経済:言うまでもなく強い。

  政治の安定:自民党・安倍政権は長持ちしています。今度の参院選も勝ちそう。

  軍事力:安倍政権の元、日本も国防に本気になった。そう見られています。

 

中国も、他国も、日本の野党もいろいろケチをつけていますが、市場は正直です。投資家は日本の国力を認めている。

 

とはいえこの円高は苦しい。麻生財務大臣が言うように、「万全の対策を採る」 べきです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加