ソーラー電気自動車

 

世界で電気自動車(EV)の開発が盛んです。

そのEVの問題点は

・1回の充電での走行距離が短い

・充電に時間がかかる

・電力はどこかの発電所で発電する必要があり、そこでの環境負荷は起こる

 

それならソーラーで自動車を走らせることはできないか?

すぐ思いつくのは 「ソーラー自動車レース」 。その自動車を見ると、自転車のような細い車輪、極度に軽量化された車体、全面に貼られたソーラーパネル、など、とても実用化できないものです。

 

いや、ソーラーでバッテリーに充電してそれで走るのは可能でしょう。

ということでちょっと考えてみました。

 

・・・

 

地上に降り注ぐ太陽光のエネルギーは800w/平方メートル。

自動車の上面にソーラーパネルを張り詰めれば3平方メートルくらいは可能でしょう。

ソーラーパネルの変換効率を頑張って30%とすれば

出力 約0.7kw。 昼間8時間充電すれば約5.6kwh充電できます。

 

日産リーフのカタログより

電費は 1kwhにつき10km走れることになっています。

とすれば、1日分5.6kwh充電してあれば56km走れる計算になります。なおかつ、昼間なら走りながら充電できます。

 

近距離の通勤、買い物程度は可能。

 

トヨタ・プリウスPHVの屋根にはオプションでソーラーパネルがつけられます。

プリウスPHVのカタログを見ると1日0.1~0.2kwh、走行距離にして6.1km分充電できるようです。ソラーパネルが小さいのでそんなもの。

 

 

(*)

ニューズウイーク誌の記事 ↓ を参考にさせていただきました。

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/01/post-9326.php

 

原発ゼロ法案

 

小泉純一郎細川護熙、両元総理が 「原発ゼロ法案」 を準備しています。

「直ちに原発を全て停止し、自然エネルギーで代替する」

という趣旨らしい。

 

かっこいい。

けど、その可能性を考えてみました。

 

・・・

 

日本の電力需要は約1億kw。

そのうち原発の出力は合計約4000万kw(現在、大半が止まっています)

 

自然エネルギーについては民間事業者が頑張って増やしています。

しかし、現状では 太陽光  8000kw

         風力    300kw

         中小水力   80kw

         地熱      8kw

         バイオマス 400kw

         合計   8800kw

 

これらの問題点を指摘しておきます。

・太陽光

まだ増える余地はありますが、使い終わった後のパネル処分について検討されていない

・風力

低周波騒音の苦情が出ている。洋上風力は可能性がある。送電損失を無視すれば有望。

・中小水力

しょせん「中小」。大きな影響は無い

・地熱

無視できるレベル

バイオマス

民間事業者が頑張って発電所を作っている。しかし、燃料のバイオマスの自給は無理。

大半を輸入燃料に頼るのはいかがなものか。

 

・・・

 

ということで、自然エネルギーで日本の電力需要を賄うのは絶望的。

 

もう一つの問題点は、自然エネルギーは高コストであること。現状では自然エネルギーの占める割合が小さく 「賦課金」 は目立ちませんが、自然エネルギーの割合が大きくなれば高額になります。

 

小泉さんは、郵政民営化の時にも感じましたが、国民の共感を得るキャッチフレーズを作るのがうまい。しかし、あまりにも現実を見ていない。

細川さんも・・・まあ、いいか。

 

 

追記

新聞記事をよく読むと

自然エネルギーを2030年までに全電力の50%以上、2050年までに100%を目標に」

と言っています。 

 

無理!

 

あわや交通事故

 

私は休日にはいつもウオーキングしています。

今日も広い通りの歩道を歩いていました。道端の駐車場に、前向き・おしりをこちらに向けて車が停まっていました。小型ハッチバックハイブリッド車です。運転席には若い女性が居てスマホを操作していました。

 

まだエンジンがかかっていないし、バックしてくることは無いだろうと思い後ろを横切っていました。ハイブリッド車だからエンジンがかかっていなくても動くことは判っていましたから、少し警戒しながら後ろを通り過ぎようとしていました。

 

ところが私が真後ろへ差し掛かったところで、無音でバックしてきました。私はリアウインドウに手をついて体は逃しました。

運転手のお姉さんは驚いて車を止め、下りてきました。私は大丈夫という手ぶりでその場を離れました。

 

お互いに気をつけましょうね。新年早々交通事故はイヤですから。

 

北朝鮮 軟化か

 

北朝鮮が軟化したかのような出来事が続いています。

・南北電話回線の再開

・平昌冬季五輪に参加の意向を表明

・金委員長が新年の談話で国民に感謝の言葉を述べる

 

良い傾向です。国際的な制裁がやっと聞いてきたか。

それに呼応して、米韓軍事演習も休止するらしい。

 

私は良い傾向だと思っていましたら、マスコミはご不満らしい。こんな報道が見受けられます。

・金委員長による米韓の分断を狙ったものだ

・北が韓国を取り込もうとしている

など。

 

朝鮮半島、究極の目的は南北統一です。その第一歩と考えれば、歓迎できる出来事なのに、なぜマスコミは疑問を呈するのか? 

何か報道できない不穏な出来事があるのかな? と疑問を持っちゃいます。

 

大発会の値動き

 

昨日(1月4日)は株式市場の初日・大発会でした。

全く根拠の無いジンクスですが、

大発会1日の値動きが今年1年の値動きを暗示する」

というのがあります。

 

本当でしょうか?

 

念のために昨日の値動きを書き留めておきます。

初値 23074.74円 から上がり続け

終値 23506.33円 でした。

 

さてどうなるでしょう?

覚えていたら今年年末に検証します。

 

参考までに今日(1月5日)も上がり、終値は 23714.53円でした。

 

一昨年(2016年)に同じ検証をしましたが、大ハズレでした。 

(21016年1月4日の値動きは下がり一方、対して2016年年間では秋頃まで横ばい、年末にかけて値上がりでした)

 

 

追記

書き忘れました。前日(昨年大納会終値)は 22796.94円。今年大発会終値は 23506.33円ですから 709.39円の値上がりでした。

 

なぜ砂漠の緑化なのか

 

前回の続きです。 

以前同じ趣旨の記事を書いた記憶がありますが、見つけられません。再度書きます。

 

気球環境

地球が誕生して50億年。当初の大気組成は、一説には水蒸気100気圧、二酸化炭素60気圧、窒素1気圧、とか。そして気温ははるかに高かったようです。

そこに光合成ができる植物が誕生しました。その植物の働きで二酸化炭素は吸収され、酸素が生まれました。

 

その後

現在の大気組成は1気圧のうち、窒素80%、酸素20%です。問題の二酸化炭素はクローズアップされていますが、上昇しているとはいえ350ppm(0.35%)に過ぎません。

 

植物の働き

地球誕生以来大量にあった二酸化炭素ppm単位まで減少させたのは植物による光合成です。

温室を経営している農家の皆さんはご存知でしょうが、植物には都合の良い働きがあります。大気中の二酸化炭素濃度が上昇すると植物の光合成が促進され、薄くなると低下することです。

地球環境の変動を緩衝する働きが期待されます。

 

産業革命以降の二酸化炭素濃度上昇は

もちろん人類が化石燃料を燃やしたためです。しかし、私はもう一つの原因があると思っています。人口が爆発的に増え、その燃料を得るために木を伐り、森林を破壊し砂漠化させたことによるものだろう、ということです。

 

だから砂漠の緑化です

森林を増やすことが地球環境を保全することにつながります。残念ながら日本は狭い国土で、その68%が森林です。地球環境に影響を与えられるほど植林する余地はありません。

だから海外の砂漠の緑化で頑張ろう、ということです。中国・黄河上流域に広がる砂漠をターゲットに緑化で頑張っている団体が日本には複数あります。

砂漠に植林しても誰にも迷惑はかかりません。中国政府が制限を加える意味がわかりません。

 

なんてケツの穴の小さい奴らだ

 

新年早々汚い言葉で申し訳ありません。昨年末から準備していた下書きですのでお許しください。

 

地球環境を改善するには、砂漠の緑化が一番良いというのが私の信念です。

かといって、勤め人である私が砂漠へ行って植林してくる余裕はありません。だから中国奥地の砂漠で緑化活動をしている日本のボランティア団体の会員になって、少しばかりの寄付をしていました。

 

当初参加していたNPO法人を 「 A 団体」 とします。しばらく前、そこの事務局長さんから手紙をいただきました。

「中国政府からの監視が厳しくなって、活動しにくくなった。しばらく活動を休止したいのでご理解ください。」

とのことです。

 

ふーん? まあ、いろんな事情があるんだろうな。

と思って A 団体を抜けて、別の団体 「 B 団体」(*)に参加しました。

 

その B 団体から定期連絡(冊子を作っています)が有ってこんなことが書いてありました。

「中国政府は外国 NPO 法人を見直し、整理する法律を作って動き始めている。( NPO 管理法というらしい) わが B 団体は長年の活動と成果が認められて、存続を許され 『活動に協力する』 と言われた」

 

なるほど。A 団体休止の事情も理解できました。

しかし、何の見返りも期待せず砂漠の緑化を進めている日本の団体の活動を止めさせるなど、悲しいことです。

 

中国の Net では

「我が国に小日本の協力など要らない」

という声も聞こえます。

 

なんてケツの穴の小さい奴らだ。

 

 

(*)

B 団体は 「日本沙漠緑化実践協会」 といいます。中国・内モンゴル自治区で植林を始めて28年になります。ご賛同が有れば会員に入ってあげてください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加