松井市長 よく言った

 

サウジアラビアの油田が炎上したことから、原油価格が上昇しています。

日本が買っている原油価格の指標となる 「ドバイ原油」 は先週末 59ドル/B 

だったものが今日には 67ドル/B になっています。

 

この事件が無かったとしても日本は原油依存を薄めるべきです。その一番の有力候補は原子力発電だったわけです。しかし、福島原発事故以来、そう主張することはタブーになっています。あの小泉新環境相までもが減らそうと発言しています。

 

そんな中、松井大阪市長が勇気ある発言をしました。

「汚染水は科学的に安全が確認されれば海に放出すべきだ」

バカな記者からの質問で、「大阪湾にでも放出させるか?」 と聞かれ、「イエス」 と答えました。

当たり前のことです。しかし世論から袋叩きにされる予感がします。

 

せめて私は応援します。

「その通りだ」

 

サウジ油田炎上

 

サウジアラビアの油田が9月14日炎上しました。

 

イエメンの親イラン反政府勢力・フーシ派の攻撃によるものです。フーシ派は犯行声明を出しました。

米国は 「イランがやらせた」 といい、イランは 「オレは関係ない」 と言っています。

 

被害はサウジアラビア供給能力の約半分、世界の供給能力の5%に当たります。

既に鎮火しましたが、復旧には時間が掛かりそうです。

 

よく言われることですが、原油価格が値下がり気味の時、往々にして中東で紛争が起こり、原油価格が値上がりする。それは 「やったのが誰かが重要でなく、やらせた黒幕が居る」 という一種の陰謀論。今回もそのジンクス通りです。

 

原油価格の上昇は不可避です。

原油値上がりは産油国みんなが喜ぶし、米国もシェールオイルが売れてうれしい。

 

株価は、明朝判るNY市場、明日の東京市場でも値下がりは避けられないでしょう。

 日本にとっては困ったことです。

 

世論調査

 

安倍内閣の改造がありました。それを受けて、9月11、12日に共同通信社世論調査を行いました。RDDで。

 

             今回  ←  前回

  安倍内閣支持率  55.4% ← 50.3%

大きく下げたのは

  公明党支持率     3.3% ←  5.1%

私が注目しているのは(*)

  N国支持率     1.1% ← 1.3%

  れいわ支持率     3.4% ← 4.3%

 

 

(*)私が注目しているわけ

N国(NHKから国民を守る党

  「受信契約はするが受信料は払わない」 という奇妙な論理に納得できない。

  そもそもNHK受信料は法律で決まっていること。反対なら法律改正に動くべき。

  国会議員になったんだから。

れいわ(れいわ新選組) 

  障害者を前面に出し世間の批判を封じる。やり方が上手い、というかずるい。

 

なんだ 日産てそういう会社だったのか

 

日産自動車・西川社長が不正な手段で報酬を多くもらっていたことが判明しました。

株価に連動する報酬を基準日をずらして計算していたようです。不正は数千万円に上る模様です。社長を退任するそうです。

 

先代・カルロスゴーン氏も不正な報酬を受け取っていたとして社長を解任されています。

 

なんだ、わかっちゃいました。ゴーンさんも西川さんも同じこと。

悪いのは日産の経理部だか総務部だかわからないけど、上司にゴマをすっていた部下がいるってこと。いろいろ理屈をつけて報酬を多く渡そうとしていたのでしょう。

 

そしてゴーンさんも西川さんも深く考えずに部下に任せていたのでしょう。

 

ゴーンさん解任については、「フランス政府・ルノーによる日産支配をはねのけよう」 とかいう崇高な理由を想像していたのは我々部外者だけ。社内では、単なる 「ごますり」 がバレちゃっただけ、というい悲しい現実でした。

 

9月決算予想

 

今朝(9月5日)の日経新聞に各社ごとの9月決算予想が出ていました。

 上場企業合計では売り上げ260兆円 前年比微増

         純利益 13兆円 前年比18%減 でした。

 

このところ株価(日経平均)が上がるでもなく下がるでもなく膠着状態。売買高も東証一部で10億株を割り込む日が続いています。(*)

 原因の一つがこの企業業績の頭打ちでしょう。

 

海外に目を転じれば 米中貿易戦争、香港情勢、中国の景気後退、英国のEU離脱交渉、日韓関係、など問題山積です。

株価は上がらないか。

 

 

(*)

こう書いていたら、今日は前日比437円の値上がり。米中貿易戦争と香港情勢が少し緩和されるとの兆し。このまま上がってくれるのを期待しましょう。

 

世界各地の放射線量

 

韓国(正確には韓国の一マスコミ)が東京オリンピックに関連して、福島を含む日本の放射能汚染についてIOCに問い合わせました。

それに対してIOCの回答は

東京五輪組織委員会から安全の確約を得ている」

でした。

 

韓国は放射能汚染で日本の評判を悪くしようとしているようです。加えて、日本産の食品の輸入を制限しています。

まあ、「国民の安全のため」 という大義名分を信じる人は少ないでしょう。反日政策の一環でしょう。

 

ここで参考までに世界各地の放射線量を一部抜き出してみました。

  福島市 0.11μSV/H

  東京都 0.037

  ロンドン 0.108

  パリ 0.043

  ニューヨーク 0.046

  ソウル 0.117

 

福島は原発事故の影響で高くなっています。

他の都市は自然放射線です。一番影響を与えているのは地殻から出る放射線、大きいのがラジウムです。昔から 「ラジウム温泉」 が健康に良いとしてよく利用されています。それに続くのは宇宙から降り注ぐ放射線です。

 

ある医学者が 「微量の放射線は体に良い」 と発言して、当時、原発事故で神経質になっていたマスコミから叩かれたことがありました。

 

しかし人類発生以来、我々は微量の放射線を浴びながら生きてきたのは事実です。

「ソウルのほうが放射線量が高い」 と揶揄するより、現実を受け止めましょう。

 

8月末

 

酷暑の8月も終わろうとしています。赤とんぼが舞い、秋の気配が少しだけ出てきました。幸いにして私が住む名古屋は被害がありませんでしたが、月末にかけて豪雨被害があちこちで出ています。お見舞い申し上げます。

 

経済指標を書き残しておきます。

 

日経平均株価 
    8月30日(金)        2018年大納終値      
   20704.37円        20014.77円 

         
為替
         8月30日(金)     2018年末      
  1ドル =  106.33円      110.58円          
  1ドル =  7.1514元      6.8538元           
  1ユーロ=  117.39円      126.64円
  1元  =  14.857円      16.127円        
  1ウオン= 0.08776円     0.09906円       
  1レアル=  25.496円      28.543円      
  1ルピー=   1.481円       1.580円       
  1ポンド=  129.50円      140.01円

 

米中貿易戦争は終息の気配がありません。

ここへ来て、米ソは INF(中距離核戦力全廃条約)破棄を宣言し、ミサイル実験などを強行しています。北朝鮮は飛翔体(ミサイルだか大砲だかわかりません)発射を繰り返しています。

望む、世界平和。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加