読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自動運転に第2の道

 

私は自動運転懐疑派です。あんなの全然楽しくない。そもそもコンピューターなどに命を預けるなんてイヤ。と思っていたら賛成してくれるメーカーが現れました。マツダです。

 

マツダのご担当者いわく

「人中心に考え、ギリギリまで人に運転させる。」

「普段なるべくドライバーが運転し、裏側で常に黒子のように自動運転技術が動いていてドライバーに何かがあったときに助けるという方向。それが「コ・パイロット(副操縦士)コンセプト」 です。」

 「マツダはあくまでも運転を楽しんでいる人たちをターゲットにする。」

 

私もマツダ車を愛用しています。さすがマツダ。わかっている。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加