読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

危険な所へなぜ行くのか

 

昨日朝、栃木県那須町のスキー場で雪崩が発生、雪山訓練中の高校生が巻き込まれました。高校の山岳部の訓練でした。

 

なぜ雪山へ行くのか。普通では生きていられない環境へ行く意味があるのか。

必要に迫られて、ではなく趣味ですよね。

日常生活ではありえない死の確率。もし遭難すれば救助隊のお世話にならなければなりません。

 

なぜ山に登るのか。

「そこに山があるからだ」

そんなバカなこと言ってないで、もう止めたらどうですか。

 

同じことが海でもいえます。スクーバダイビング

同じく空も。スカイダイビングです。パラシュートを背負って上空から飛び降りるのに何の意味があるのでしょう。

 

「きもちいい」? そんなことで他人に迷惑を掛けるな。

 

こんなことを書いていると趣味の人から 「面白みの無いやつだ」 と批判されるでしょうが、実際に人が死んでいるんです。

こういう機会がないと説得力が無いですから。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加