読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DASH村再生はいいけど

 

高木経済産業副大臣が 「DASH村再生」 計画を表明しました。

テレビ番組でTOKIOが出演していたDASH村は震災前、浪江町長島地区にありました。

 

復興計画の一環の政策としては面白いし、良い所に目を付けた、って思います。

しかし、放射線量はどうなっているのか? 調べてみました。

 

・・・

 

私は以前から福島県放射線量を測るモニタリングポストに注目していました。

          ↓

http://monti.hatenablog.com/entry/2013/04/24/210721

(2013年4月24日時点で福島市内 0.616μSV/h。

 浪江町のデータは残していません)

 

今日(2017年1月12日)改めて見てみました。

  福島市内 0.079~0.214μSV/h(測定地点が複数あります)

  浪江町津島小学校 1.702μSV/h

 

国の安全基準は

  一般人 年間1mmSV

  放射線の仕事に携わる人 年間20mSV

 

上記、津島小学校での時間1.702μSVは年間14.9mSVに相当します。

 

・・・

 

うーん、微妙。

政府が復興の象徴としてDASH村再生を進めたいことは理解できますが、時期尚早かも。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加