読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロシアのサイバー攻撃って何をやったの

 

米国の大統領選挙の期間中にロシアから米国へサイバー攻撃が有ったと言われています。

なんでもクリントン候補に不利になるような攻撃だったらしい。オバマ大統領や CIA がそう言っています。

 

そのニュースを聞いて私は疑問を持ちました。

「誰に対して、どうやると、クリントン氏が不利になるようなサイバー攻撃になるか?」 

ということ。

 

クリントン陣営のメールを盗み見たってどうなるものでもないし。(*)

通信の妨害をすればすぐにバレるし。

 

・・・

 

 オバマ大統領は報復として、在米ロシア外交官35人の追放を決定しました。

それに対して、ロシア・プーチン大統領は余裕の対応をしました。「報復はしない」 と。

いずれトランプ新大統領とプーチン大統領とで穏便な話し合いが出来るのでしょう。

 

 

(*)

それで思い出すのはクリントンさんが国務長官時代の 「私用メール問題」。

あのころから既に、ロシアはクリントンさんのメールを盗み見ていたのかもしれません。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加