読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来年度予算

 

2017年度の予算・政府案が閣議決定されました。

97兆4500億円。

 

増額したのは社会保障費、防衛費、ODA、訪日観光客対策、など

プライマリ—バランスとしては

  国債発行 28兆2700億円

  国債返済 14兆3700億円

となっています。

 

これは政府案で、今後国会審議に掛かります。

しかし与党、野党とも国会議員の皆さんには失礼ながら予算全体を見渡して判断できる能力はありません。議員さん個々に興味のある項目について 「多いの、少ないの」 議論するだけでしょう。

 

その結果、このまま決まるでしょう。

 

・・・

 

ここで忘れてならないのは 「特別会計」 の存在です。上記97兆円は 「一般会計」。 特別会計は200兆円規模です。そのうち大きな金額になるのは、国債整理基金、年金、などです。

 

この特別会計は一般会計にのらない収入源で賄っているものです。

例えば年金特別会計は私たちの年金掛け金を収入として、年金を支払っています。

 

ややこしいのは国債整理基金特別会計です。収入源は一般会計から来る国債費と特別会計でする借入金を合わせて国債償還にあてているようです。(財務省のホームページを見るとそんなことが書いてあります。)

 

・ 

このエントリーをはてなブックマークに追加