読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノーベル文学賞のゆくえ

 

笑っちゃいました。

ノーベル文学賞に歌手ボブ・ディランが決まりました。ところが本人が無視。

選考委員の一人が怒っている、というニュースが流れています。

 

私も思います。「ノーベル賞がなんぼのもんじゃ」

とはいえ、貰えるものならもらいたい(笑)

 

改めてノーベル賞について調べてみました。(Wiki Pedia による )

 

・・・

 

ノーベル賞はダイナマイトを発明したアルフレッド・ノーベルの遺言によって、彼の財産を基金にしてその利子を人類に貢献した人々に分配されることになっています。

その基金は3100万スウェーデンクローナ(現在のレート 1クローナ=11.64円で計算して3億6000万円)。運営はノーベル財団が行っています。

 

各賞の選考は

  スウェーデン王立科学アカデミー : 物理学賞 化学賞 経済学賞

  カロリンスカ研究所 : 生理学賞・医学賞

  ノルウェーノーベル委員会 : 平和賞

  スウェーデンアカデミー : 文学賞

です。

 

ノーベル賞を辞退した人は過去に3人。

 

・・・

 

調べて驚きました。基金の総額が3億6000万円。その利子であんな派手な行事と賞金は出せないでしょう。間違ってないか?

他の Net 情報を探すと、ノーベル財団は営業努力して、現在の資産は372億円らしい。

 

ボブ・ディラン 

「(賞金)たかが1億円のためにスウェーデンまで行けるか。」 

「名誉? もう十分だ。いらねえ。」

と思っているのかな? 

 

今後のゆくえに注目です。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加