読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相模原の障害者殺人事件と点滴殺人事件に共通するものを感じる

 

 相模原の障害者施設を襲撃した事件。犯人の考え方が報道されています。

 

一方、横浜市の病院で点滴に異物が混入されていた事件。犯人が捕まっていないので動機は不明ですが状況から推測すると、寝たきり老人を殺そうという意図が見えます。

 

どちらにも共通している考え方は

「社会のお荷物になっている人たちは死んだ方が良い」 

ということでしょう。

 

・・・

 

私も老人です。現在は元気ですが、いずれ病気になり、寝たきりになる恐怖をいつも抱えています。そうなったら 「安楽死制度を作っておいてくれ」 もしくは 「殺してくれ」 です。

 

あの強気の石原慎太郎氏も脳梗塞を患ってから弱気になり、相模原事件について

「あれは僕、ある意味でわかるんですよ」などと発言されているそうです。

 

老人と障害者。老人は 「一緒にしないでくれ」 という人も多いでしょう。

 

上野千鶴子さんもこう言っています。

「高齢者は自分を障害者とは思っていない。それどころか、障害者と自分を区別して、一緒にしないでくれ、と思っている。

なぜか?  高齢者自身が、そうでなかったときに、障害者差別をしてきたからだ。自分が差別してきた当の存在に、自分自身がなることを認められないからだ」

 

なるほど。上野さんらしい意見です。

 

しかし、私は割り切っています。自分が不自由になったら殺してほしい。

切実にそう思っています。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加