読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済界はクリントン氏のほうが好きらしい

 

昨日(日本時間9月27日午前10時から)米大統領候補者、トランプ氏とクリントン氏のテレビ討論が行われました。

 

事後の世論調査では、クリントン氏優勢でした。

 

日本の株式市場は午前中前日より値下がりしていましたが、「クリントン氏優勢」 の報で午後から上昇し、前日より値上がりで終わりました。昨日(討論後)の米国株価も大幅アップでした。

 

どうも市場関係者はクリントン氏の方がお好きらしい。

 

もちろん私はお二人ともに会ったことは有りません。しかし、トランプ氏の方が率直な物言いで信頼できる。クリントン氏は、テレビで表情を見ているだけですが、信頼できない感じがします。

 

それにしても、相手の欠点を指摘しあう論戦。私はそういうのは好きではありません。

米国人は平気なのかな。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加