読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

廃炉費用を電気料金に上乗せ

 

今朝の中日新聞1面トップに

「全原発廃炉 国民負担」

「料金上乗せ、新電力も」 とあります。

 

原発廃炉費用を電気料金に上乗せする。それを新電力会社にも負担させる。

経済産業省が検討を依頼している有識者会合はこんな方向へ進んでいるそうです。

 

従来からの論争を思い出してみると

原発推進派 「原子力発電は低コストだ」

原発反対派 「発電コストに廃炉費用も含めるべきだ」

この議論があらぬ方向に進んでいます。反対派としては 「ヤブヘビ」 かな。

 

電気料金には、燃料費はもちろん、発電所の建設費用も、解体費用も、発電コストに上乗せするのは民間企業としてはあたりまえ。有識者会合の方向は正しい。

 

ただし、新電力が負担する託送料(送電線の利用料)にまで原発の解体費用を上乗せするのは正しくない。理屈に合いません。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加