読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IOC 電話会議ってどうやったの

 

ロシアのドーピング問題で、ロシア選手団の参加を認めるかどうか、IOC理事会が判断を下しました。

 

「一定の条件の下で参加を認める」 と。

陸上競技については参加を認めないことに変わりはありません。

 

・・・

 

ところで、この IOC 緊急理事会は 「電話会議」 だったようです。

 

私が勤める会社は支店がありませんので、テレビ会議システムは有りませんし、経験がありません。

 

IOC理事会の電話会議はどうやったのでしょう? テレビ会議システムがある?

興味があります。

 

私の旧式な知識では、電話は1対1で話すもの。とすれば、議長対各国の委員が電話で話しただけ。ならば議長案を各国の委員が承認しただけ、でしょう。

 

議長は IOC のバッハ会長。つまりバッハ会長が各委員に 「任せた」 と言わせたのでしょう。

 

まるで日本の 「持ち回り閣議」 と同じです。

まあ、時間が無かったからやむを得なかったのでしょうけど。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加