読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GPIF を擁護する

 

国民から預かっている年金資金を運用しているGPIF (年金積立金管理運用独立行政法人)。

 

2013年半ばから株式投資への運用割合を増やしました。

今年初めから株価が値下がりしていますので、前年度(2016年3月締め)の運用実績がマイナスになっているようです。

 

野党から 「5兆円減らした」 「そのうえ公表を参院選後に後回ししている」 と批判されています。

 

そこで株価の変動を振り返ってみます。(日経平均

  2013年3月末 12397.91円 (運用割合変更前)

  2014年3月末 14827.83円 (  〃 変更後最初の年度末)

  2015年3月末 19206.99円

  2016年3月末 16758.67円 

 

2014年年度末(2015年3月末)まで順調に成果を挙げてきました。ところが昨年度末(2016年3月末)で下がりました。野党はこのことを突いているわけです。「安倍政権の失敗だ」 と。

 

さて、みなさんはどうご判断されますか。

こういう問題はきちんと議論すべきで、選挙の政争の具にしてはいけないと思うのですが。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加