読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Net 右翼が選挙を前に書きます

 

私はNet 右翼を自認しているバカです。(昨日のブログ参照)

そんな私が参院選を前に書きたいことが有ります。

 

先日若い人とどこへ投票するか話していました。私が 「自民党」 というと、あきれた顔で、スマホで漫画を見せてくれました。

 

そこには憲法改正で、戦争が出来る国になる、国民が憲法に縛られる(徴兵制など)、と書いてあります。

 

安保法制を 「戦争法」 と言い、自衛隊を 「人殺しの訓練をしている」 という某政党が有ります。私はそういう簡単化した極論を言う政党を信用できません。

 

例えば、イラン・イラク戦争の時、現地に取り残された日本人を自衛隊が法律に阻まれて救出に行けなかった。あの時どうすれば良かったのでしょうか。

 

例えば、尖閣列島を某隣国軍が占拠したとき、反撃してはいけないのでしょうか。

 

中東から原油を輸送するタンカーの安全を確保するのはいけないことでしょうか。

 

こういう国の根幹に係わる基本的な政策を、与野党の政争の具にしてはいけないと思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加