読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UFJ 銀行 「もう国債買わない」

 

三菱東京UFJ銀行国債入札資格(国債市場特別参加者) を返上する方針です。

 

この資格を持っていると特典も有る反面、一定数(発行額の4%以上)の国債を買わなければならない義務も負うことになります。

 

つまりUFJ銀行は 「もう国債は買わない」 と宣言したことになります。(*)

国債利回りが低下することは確実で、持っていても儲からないから。

 

今後ますます国債を日銀が買う割合が増えていくことでしょう。国が日銀から借金をする、ってどう考えればいいのか、よくわかりません。

 

ところで、UFJ銀行は 「マイナス金利政策」 で日銀にお金を預けても利ザヤは稼げない。とすればUFJ銀行は預金者から預かったお金をどうするんでしょう?

 

我々のような企業に貸し出しを増やす?

それは大変結構なことですけど。

 

・・・

 

蛇足ですが、「三菱東京UFJ銀行」 って名前、長すぎません?

事情は解ります。三菱グループの銀行としては 「三菱」 という名前は外せない。東京銀行UFJ銀行三和銀行東海銀行)も旧行以来の顧客に配慮して名前は外せない。しかし、長すぎます。合併した会社ではよくあることですが、これは両社トップの割り切りが必要でしょう。

 

 

(*)系列の 三菱UFJモルガンスタンレ―証券 と モルガンスタンレーMUFG証券

 は引き続き資格を持つようです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加