読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

米大統領選 第3の党

 

米国・大統領選挙候補者は、民主党クリントン女史、共和党トランプ氏にほぼ決まりました。

この2人の一騎打ちかと思ったら、第3の候補者が登場しました。

 

リバタリアン党ゲーリー・ジョンソンニューメキシコ州知事(63)。

 

米大統領選挙は民主党と共和党の戦い、と思っていましたら、本当は誰が立候補しても良いんだそうです。過去にもリバタリアン候補者を出していましたが、泡沫候補で無視されていただけでした。

 

今回リバタリアン・ジョンソン氏が注目されているのは、クリントン、トランプ、両候補が人気が無いから。

クリントン氏:政策に一貫性が無い、中国寄り、私用メール事件(*)

トランプ氏:過去の暴言通りの政策を実施したら大変なことになる

 

リバタリアンは政策的には 「小さい政府」 「国民に自由な活動を」 で、共和党に近いらしい。トランプ氏に不利に働くかもしれません。

 

 

(*)

公用に私用メールを使ったのはそんな大きい問題では無いだろう、と思っていました。

ところが聞いていると、大問題。セキュリティーの甘い私用メールで国家機密を漏らしていた。そして彼女の親しい人の中にどんな人達が含まれているか。そう考えると大問題、を通り越して、大統領としての資質を問われることになりそうです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加