読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済状態はそんなに悪いの?

 

伊勢志摩サミットで安倍首相は

リーマンショックなみの危機が再発してもおかしくないほど世界経済が脆弱になっている」 との認識を表明しました。

参考データとして、

・エネルギーや食糧などの商品価格が下落

新興国からの資金流出が起き、成長率の下方修正が繰り返されている

を挙げました。

 

・・・

 

ここでリーマンショックについて思い出してみます。

2008年9月15日、米国のリーマンブラザースが破たんしました。それをきっかけに世界的に不況に陥りました。

 

それ以前に米国政府は危機に立っていたファーニーメイとフレデリックマックを救済しましたが、リーマンブラザースまでは手が回らなかったようです。

 

破たんの原因はサブプライムローンなどの不良債権証券化した怪しげな物を売っていたためです。 当時はいわば時限爆弾を抱えた好況だったわけです。

 

参考までにリーマンショック直前の日経平均株価は18000円ほど。その年の末には8000円ほどまで落ち込みました

昨日(2016年5月27日)の終値は16772.46円。

 

・・・

 

さて、現代。 時限爆弾にあたる物は何か? 普通に考えれば中国などの新興国の不況ですが、もう判っていることで、「時限爆弾」 には当たりません。

それとも誰かが怪しげな金融商品を私が知らない所で売りまくっている?(*)

 

安倍首相が 「リーマンショック前に似ている」 と言うのは、消費増税先送りを決めるための伏線でしょうか。

 

 

(*)

実は最近、私に、怪しげな金融商品を勧める営業電話がかかってきます。それかな?(笑)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加