読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CLT ってなんだ

 

「木の家に住みたい。出来れば国産材の家に」

こういう意見が多いそうです。

 

ところが国産木材はいまや貴重品。名古屋城天守閣を木造に建て替える事業が進められています。ところが、ヒノキの大径木が集まるか? 心配されているほどです。

 

そんな中、CLT が注目されています。

Cross Laminated Timber 日本語では 直交集成板。

 

それは従来から使われている集成材の応用です。大径の木が入手困難になっている今、小さな木を貼り合わせて柱や板を作る技術です。

その長所は

・腐りや割れなどの欠点を回避できる

・乾燥がし易い

ということです。

 

今後、使用が増えていくでしょう、と今朝(5月24日)の日本経済新聞では書いています。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加