読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

報道の自由

 

今日は5月3日。憲法記念日です。

我らが中日新聞は、きっと 「憲法を守れ」 大キャンペーンを繰り広げているだろうと期待して、朝刊を開きました。

 

ところがいたって普通。

社説と読者投稿欄そして 「今読む日本国憲法」 というシリーズものだけ。そのシリーズにはなんと自民党憲法改正試案まで紹介されています。

 

どうしたんだろう?

安倍首相の恫喝が効いているのか。良いんですけどちょっと寂しい。

まあ、私から見るとこれくらいが中立だと思いますが。

 

折から、国連調査団が

「日本の報道機関の独立性は深刻な脅威に直面している」

という報告を出しました。(*1)

 

また、国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」(RSF)が、2016年度の「世界報道の自由度ランキング」を公表し、日本の順位を落としました (*2)

 

 

(*1)

4月19日、東京都内で行われた記者会見での発言。日本における「表現の自由」の状況を調査するため訪日した国連特別報告者・デイビッド・ケイ氏(米カリフォルニア大学教授)です。

 

(*2)

4月20日、最近のことです。日本の報道の自由度ランキングは前年の61位から72位に順位を落としました。これは香港(69位)や韓国(70位)よりも下。日本は2010年には11位と世界トップクラスでした。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加