読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日中外相会談

 

4月30日、岸田外相と中国・王毅外相との会談が行われました。北京で。

そこで王外相は日本へ4つの要求を示しました。

 

・歴史を直視・反省し 「1つの中国」 政策を守る

・中国脅威論や中国経済衰退論をまきちらさない

・経済面で中国を対等に扱い協力を推進する(意味不明 AIIB のことなのか)

・地域や国際社会の問題で中国への対抗心を捨てる

 

はあ、私としては従えないなー。

 

一般論として首脳会談はどちらが出向くか、から綱引きが始まります。

昔、遣唐使、遣隋使の時代から属国が宗主国へ使者を送った、そういう時代からの流れでしょう。とくに中国はどちらの国で会うか、にこだわる傾向があります。

 

今回、日本側が折れて北京へ行ったのに、この上から目線。

 まあ、中国だからこんなものか。

しかし、中国国内からも 「やり過ぎで非礼だ」 と言う声があがっているそうです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加